本の事前査定で必要なIBSNコード(バーコード)の確認方法

理系の本買取 IBSNの確認方法

 

理系の本を売りたい時、ネット上などで査定を行える事前査定というサービスがあります。

 

この事前査定を行う場合、「IBSNコード」と呼ばれる番号を入力することになります。

 

ここでは、本のIBSNコードとは何かや、事前査定で入力する際にチェックが必要な本に書かれている位置の確認方法を解説します。

本の査定で使用するIBSNコードとは

 

IBSNコードは、正式には国際標準図書番号と言い、世界中の本を識別し管理するための番号です。

 

このため、本の買取査定でも買取業者によって利用されています。

 

ISBNコードは本によって10ケタ(ISBN-10)13ケタ(ISBN-13)がありますが、査定のために使用するコードはどちらでも構いません。

 

ほとんどの場合は数字のみになっていますが、まれに「X」などのアルファベットも含まれます。

 

●古い本など一部の本にはIBSNコードが載っていないことがある

 

IBSNコードは日本では1981年から導入されたため、それ以前の国内の書籍には載っていません。
また、雑誌にはIBSNコードではなく「雑誌コード」と呼ばれる番号が付けられています。
そのほかに、小さな出版社の出している本についていないことがあります。

 

これらの場合、IBSNコードによる事前査定はできません。

 

 

IBSNコードの載っている位置の確認方法

 

本によってIBSNコードの位置は異なっているため、探すのが大変な場合があります。

 

ここでは一般的に番号の載っている位置を、画像を交えながら説明していくので参考にして下さい。

 

 

IBSNコードの位置として最も多い場所は、本の裏面の上あたりです。

 

2つのバーコードの近くにあり、「IBSN」の文字の後に番号が書かれています。

 

本のIBSNの位置

 

 

裏面にバーコードのない本の場合でも、IBSNコードが書かれているものがあります。

 

下の本では裏面の下に記載されています。

 

IBSNコードの位置

 

 

また、本の裏面にIBSNコードがないものもあります。

 

その場合、本の裏側から数枚めくり、本の発行日や出版社などの書かれているページを確認します。

 

IBSNコードの確認法

 

こちらの本では裏面から2ページ前に書かれていました。

 

IBSNコードの位置

 

大抵の本はIBSNコードの位置はこれらの内のどれかで確認ができます。

 

事前査定はIBSNコードをパソコンで入力するのが楽

 

IBSNコードは数字と一部アルファベットが使われていますが、事前査定のためには手元の本を見ながら入力することになります。

 

長めの番号なので、パソコンなどあなたの打ち込みやすいハードを使って打ち込むと間違えにくいです。

 

スマホのほうが打ち込みやすい場合はそちらで行ってかまいません。

 

入力の際、数字の間にあるハイフン「-」は入れなくても大丈夫なことが多いです。

 

出てきた査定結果はエクセルメモ帳査定した日付と共に記録しておくと、他の査定額との比較の際に便利です。

 

 

<事前査定もできる本の買取り先>

専門書の高価買取専門店 BOOKRIVER(ブックリバー)では、IBSNを入力することで「迅速査定」が可能です。

 

特に、複数の本の査定結果がメールで1つの表データ(csv)として送られてくるため、他の買取り先の査定結果との比較も簡単に行えます。

 

IBSNでの迅速査定後のキャンセルは無料なので、売りたい本が多い場合などに使用すると便利です。

 



<理系の本を売るなら>