【千葉大学】 教科書や専門書を売るのはどこがいいか?

理系の本買取 千葉大学

 

千葉大学で使用した教科書や参考書、専門書を処分する場合、どこに売るか決まっているでしょうか?

 

大学で使用する本は、同じ講義を受けた人が先に売りに来ていると非常に安い値段しかつかない場合があるため、買取り先をしっかり選ぶことが大切です。

 

ここでは、千葉大学で使用した理系の専門書をはじめとした本の買取り先を探すためのポイントを解説します。

千葉大学の教科書はどこで売る?

 

教科書や参考書を含む専門書は、売れる価格が買取り先により大きく左右されます。

 

そもそも、専門書というものはその専門の内容に興味のある人しか読みません。

 

そのため買取り店舗によっては、売れにくいと思われて高値が付きにくいことが多いのです。

 

まず、あなたがそのような本を売りたいのであれば、千葉大学周辺に地域を限らずに買取り先を探した方が本を高値で売りやすくなります。

 

大学の近くの店舗ではすでに同じように考える人がその本を売っていることが多く、お店側は同じ本の在庫をかかえたくないため査定額が下がりやすいからです。

 

また、古本屋へ行っても専門書は買取り対象外で売ることができないところもあるので要注意。

 

お店の中で専門書の取扱いがあるかどうかをチェックしてから本を持ち込むか判断するようにしましょう。

 

そのほかに、いらなくなったモノを売るためにはヤフオクメルカリなどの方法も存在します。

 

このような方法は、確かにほかの方法に比べて高値で売れる場合もあります。

 

しかし、売れるまでに手間と時間がかかり、運が悪いと購入者間のトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、売り方としては上級者向けです。

 

そのため、初めて専門書を売りたい場合には、教科書を含む専門書を全国から宅配買取で買い取っているところにお願いするのがおすすめです。

 

千葉大学の本は宅配買取を利用して高く売る

 

大学の教科書や専門書は、「宅配買取」を行っている買取り先を利用すると高く売りやすいです。

 

千葉大学から離れた場所へ教科書を売りたい場合、本の買取り店に出かけて売りに行くこともできます。

 

しかし、教科書は量が多いと持ち運びが大変な上に、査定結果に満足できなかった場合に持ち帰らなくてはならないのが一苦労です。

 

宅配買取であれば、本をダンボール箱に詰めて家に宅配業者を呼び持って行ってもらうだけで、家から一歩も出ずにたくさんの本を売ることができます。

 

それに、宅配買取であれば専門書に力を入れている買取り先をかんたんに選ぶことができます。

 

本の買取り先を日本全国から選ぶことができるので、あなたの専門書が高く売りやすくなります。

 

このような理由から、千葉大学の教科書は、宅配買取で本を買取しているところに頼むのがいいでしょう。

 

「事前査定」でかんたんに買取り価格をチェック

 

また、宅配買取は本を宅配で送ってから買取査定が出ることが一般的ですが、事前に分かればより一層いいですよね。

 

そのようなサービスを「事前査定」といい、買取業者の中にはそのサービスを行っているところもあります。

 

事前査定では、あなたの本のIBSNコード(バーコード)番号を伝えることで、おおまかな買取金額を本を送る前に知ることができます。

 

時間と手間を節約して買取り先を選ぶのに役立つので、積極的に活用するといいでしょう。

 

事前査定のためのIBSNコード(バーコード)の確認方法について、くわしくは「本の事前査定で必要なIBSNコード(バーコード)の確認方法」をご覧ください。

 

本への書き込みや汚れは査定に影響しにくい

 

また、教科書や専門書が売れるか心配になることの一つに、本への書き込みや汚れがあります。

 

理系の本買取 書き込みのある本

 

授業の中では、上の写真のようについついマーカーで線を引いたり文字に丸をつけたりしてしまうので、買取りに出せるか不安になるかもしれません。

 

ですが、専門書を中心に買い取っている買取業者の場合、ほとんどは書き込みや汚れがあっても読むのに支障がなければ買取りはOKになっています。

 

もちろん、きれいで書き込みのない場合よりは買取り価格が下がるようですが、専門書はほかの本よりも書かれている内容という実用的な面が重視されるので、それほど気にしなくても大丈夫です。

 

売りたい教科書や専門書が大量にある場合

 

あなたの売りたい教科書や参考書などの専門書が大量にある場合、こんなに多く送っても大丈夫かと心配になるかもしれません。

 

ですが、本の買取業者は冊数による買取制限はないところがほとんどです。

 

もし何百冊と売りたくても問題ないでしょう。

 

宅配買取であれば家に宅配業者を呼ぶことができるため。重い本を運ぶ手間が省けるのでうまく活用してください。

 

教科書などの本は古くならないうちに売る

 

教科書などの本を高く売るために、もう一つ重要なことがあります。

 

それは、本は売ると決めたらできるだけ早く売ることです。

 

教科書にもなる本は元々の価値が高いので買取金額も高いことが多いですが、改訂版が出てしまうと一気に値段が下がってしまう場合がよくあります。

 

どのような本でも、当然ながら新しい版のほうを読みたい人が多いため、古い本は購入されにくくなり買取金額も低くなってしまいます。

 

どの本がいつ改訂されるのかは事前には分からないことが多いので、価値の下がる前に早めに買取りに出すのが賢明です。

 

本の宅配買取の使い方

 

ネットの宅配買取の利用が初めての場合、何をすればいいのか分からず不安になると思います。

 

本の宅配買取というのは、売りたい本を買取り先に送って査定してもらい、金額に納得できれば買い取って代金を銀行振込などで受け取るという仕組みです。

 

買取業者によって、買取り手順は少しずつ異なりますが、ここでは一般的な流れを解説しましょう。

 

 

まずは、売りたいと思った買取業者に公式サイトから宅配買取の申し込みをしておきます。

 

買取りの際に必要となる本人確認書類(運転免許証など)や買取り承諾の際の支払い先は、申し込みの際や後ほどデータで送るか、本を入れるダンボール箱に同梱することで伝えます。

 

ダンボール箱に売りたい本を詰めて、指定された買取り先住所へ宅配便で本を送ります。

 

 

このとき、宅配業者に荷物を自宅などこちらが連絡した住所に取りに来てもらうことが多いです。

 

また、宅配便の送料は買取業者ごとに本の冊数や買取金額によって送料無料の基準が存在するので、あなたの条件で無料になるところを選ぶのがいいでしょう。

 

本が買取り先に到着し、査定が終わるとあらかじめ連絡しておいたメールなどの連絡先に査定結果のお知らせが届きます。

 

この査定額を確認し、買取り了承の場合は支払い先に振込みなどで支払いがあります。

 

なお、このタイミングでキャンセルをする場合、多くの買取業者ではキャンセル料は無料ですが、返送料がかかる場合があるのでよく確認してから申し込みをするようにしてください。

 

 

教科書など専門書に力を入れている宅配買取OKの買取り先

 

教科書などの専門書を高く買い取ってもらうには、宅配買取での買取り先を探すときに「専門書の買取に力を入れている買取り先」を選ぶのがコツです。

 

本の買取りを行っているサイトに、教科書や専門書や学術書を高価買取り中であると書かれているところを探しましょう。

 

なお、宅配買取では宅配の送料がかかる場合もありますが、買取り先ごとに設定されている条件を満たせば送料が無料となるので買取り先を選べば実質的な料金負担は発生しません。

 

具体的な専門書の買取り先としては、本を送る前に事前査定をするサービスもある「BOOKRIVER」(ブックリバー)が便利です。

 

ブックリバーでは買取申込みのほかに「迅速査定」という事前査定に相当するサービスを利用し、美品での査定金額を確認してから本を買取りに出すか決めることもできるため、そちらを使うと安心です。

 

迅速査定では一冊ずつの査定金額を確認できる上、迅速査定後にどの専門書を本当に売るか決めることができるので、他店で査定を出してもらっている場合にも比較が簡単に行えます。

 

宅配買取では宅配便の送料が問題となりますが、ブックリバーでは買取金額が2,000円以上で送料が無料となるため迅速査定の価格を参考にして宅配買取を頼むか決めることができます。

 

また、ブックリバーでは洋書も買取対象となっているため、外国の専門書であっても査定をしてみるとよいでしょう。

 

もし、ブックリバーで迅速査定の価格が2,000円未満となる場合は、取扱いのある本が5冊以上送料無料となる「専門書アカデミー」の利用がおすすめです。

 

 

くわしくは、おすすめの 専門書買取り先ランキング にて紹介しているので参考にしてみてください。

 

このような教科書や専門書の買取業者を利用することで、あなたの本を高く買い取ってもらってください。

 



<理系の本を売るなら>